2017年4月5日水曜日

ラーマとクリシュナ、対照的な誕生日

ラーマ・ナヴァミーとは、ラーマの誕生日のことで、
ナヴァミーとは「第9月齢」を表しています。
ラーマは、スーリヤ(太陽)・ヴァムシャという家系に生まれています。



一方、チャンドラ(月)・ ヴァムシャという家系に生まれたクリシュナの誕生日は、
クリシュナ・ジャンマ・アシュタミーと呼ばれています。
アシュタミーとは「第8月齢」を表しています。


ラーマとクリシュナ、どちらもヴィシュヌのアヴァターラですが、
ラーマとクリシュナの誕生日を比較してみると、
そこに、太陽と月のような対照性が表れています。

では、見てみましょう。。。

ラーマの誕生日は、
ウッタラーヤナの、
チャイットラという名前の月の、
シュックラ・パクシャの、
九つ目のティティの、
正午です。


ウッタラーヤナとは、春分から秋分への半年間のことです。
太陽の昇る地点が北から南へと移動し、日照時間が日に日に長くなる半年間です。
ウッタラ―とは、北方のことですね。アーヤナとは、行く、という意味です。

シュックラ(白)・パクシャとは、新月から満月へと、月が満ちていく15日間のことです。

全体的に、太陽に象徴されるような、明るい感じですね。

ティティとは、詳しく説明すると時間がかかりますが、だいたい月齢日というイメージで良いでしょう。

9という数字は、0から9という数字の中で、これ以上大きくなれない、最大の数です。

9 X 1       = 9 + 1 = 9
9 X 2 = 18 = 1 + 8 = 9
9 X 3 = 27 = 2 + 7 = 9
9 X 4 = 36 = 3 + 6 = 9
9 X 5 = 45 = 4 + 5 = 9
9 X 6 = 54 = 5 + 4 = 9
9 X 7 = 63 = 6 + 3 = 9
9 X 8 = 72 = 7 + 2 = 9
9 X 9 = 81 = 8 + 1 = 9

太陽のように、ずっと満ちていますね。

アーディッティヤ・リダヤも、ラーマへの教えですね。

正午という時間も、太陽が真上にある時間です。


それと完全に対照的な、、、


クリシュナの誕生日は、
ダクシナーヤナの、
シュラーヴァナという名前の月の、
クリシュナ・パクシャの、
八つ目のティティの、
深夜0時です。(正子と言うそうです)
 

ダクシナーヤナは、秋分から春分への半年間のことです。
太陽の昇る地点が南から北へと移動し、日照時間が日に日に短くなる半年間です。
ダクシナーとは、南方のことですね。

クリシュナ(黒)・パクシャとは、満月から新月へと、月が欠けていく15日間のことです。

全体的に、月の出る夜のような、暗い感じですね。

ティティである、8という数字は、、、
8 X 1       = 8 + 1 = 8
8 X 2 = 16 = 1 + 6 = 7
8 X 3 = 24 = 2 + 4 = 6
8 X 4 = 32 = 3 + 2 = 5
8 X 5 = 40 = 4 + 0 = 4
8 X 6 = 48 = 4 + 8 = 2
8 X 7 = 56 = 5 + 6 = 1
8 X 8 = 64 = 6 + 4 = 0
8 X 9 = 72 = 7 + 2 = 9

月のように欠けて行ってますね。

3が無いのと、0から9になっているのが、どういう意味だったか、、、

ちなみにこの計算式は、
10年ほど前に、リシケシの図書館で、私の先輩グルバイである、
インド占星術に詳しいアルヴィンドさんに教えてもらった記憶を元に書いています。
アルヴィンドさん、親切に教えてくれて、ありがとう~。

2016年5月17日火曜日

2016年~2017年 エーカーダシー・カレンダー

エーカーダシーをするときは、サンカルパが大事です。
心も身体も清潔に、モウナムを心がけて、
チャンティングやジャパなどをして過ごしましょう。


2016年

5月17日(火)


6月1日(水)
6月16日(木)
6月30日(土)
7月15日(金)
7月30日(土)

8月14日(日)
8月28日(日)

9月13日(火)
9月26日(月)

10月12日(水)
10月26日(水)

11月10日(木)
11月24日(木)

12月10日(土)
12月24日(土)

2017年

1月8日(日)
1月23日(月)

2月7日(火)
2月22日(水)

3月8日(水)
3月24日(金)

2015年12月19日土曜日

ヴェーダの結婚観(ヤッニャ・サンヨーガ)


ムンダカ・ウパニシャッドのマントラ(1.2.7)で、
「ヴェーダの儀式に必要な18の要素」という言及があります。

18の要素とは、 4つのヴェーダからそれぞれ4人ずつ、16人の司祭。
それと、ヤジャマーナ(儀式をする本人、その人の名前で儀式がされる。ダクシナを払う人)が1人、
それと、ヤジャマーナの妻、パットニー。
儀式で得たプンニャ(徳)は、ヤジャマーナと妻で、半々だとヴェーダは教えているそうです。


ヴェーダの教える人生は、受精からお葬式まで、全てが儀式です。
生まれてから死ぬまで、決められた儀式を一つずつ順番にこなしていかなければなりません。

結婚もその一つです。

ヴェーダの文化では、人間は徳を積み、人間として成長するに、結婚をします。

徳を積むには祈りの儀式をしなくてはなりません。
儀式をするには、結婚をしなくてはなりません。
結婚して始めて、儀式をする義務と権利が生まれるのです。

それゆえに、結婚するのです。 
結婚がゴールでは全く無いのです。

結婚は、人間として成長するための、手段。

結婚して始めて人生の試練が始まるのです。

結婚したら、妻も夫も、参加する形は違えど、両方が儀式に参加しなくてはならない。

面白い例に、精製バター(ギー)は 、妻の目に触れてもらって、
やっと儀式で使えるようにお清めされたことになる、という決まりもあります。

ヴェーダの文化では、妻は「パットニー」と呼ばれます。
夫は「パティ」。

パーニニ文法では、「パティ(夫)」という言葉から、
「パットニー(妻)」という言葉を派生させます。
その時の文法的決まりが、
「ヤッニャサンヨーゲー(यज्ञयोगे [yajñasaṃyoge])」
パーニニ・スートラ4.1.33

ヤッニャ(
यज्ञ [yajña])とは、ヴェーダの儀式。
サンヨーガ(योग [saṃyoga]とは、くっつくこと。

意味はふたつあり、
1. ヴェーダの儀式を通して、ヴェーダ的に正式に婚姻関係を結んだ人。
2.ヴェーダの儀式をする為に、婚姻関係を結んだ人。

現代日本の結婚観とは、かなり違う結婚観です。


16人の司祭の説明はこちら:

現在執筆している何冊かの文法書のうちのひとつで、
関連事項としてフットノートをまとめたので、こちらにも転記します。

षोडश ऋत्विजः
यजुर्वेदः             यजुर्गणः           अध्वर्युः, प्रतिप्रस्थाता, नेष्टा, उन्नेता
ऋग्वेदः             होतृगणः            होता, मैत्रावरुणः, अच्छावकः, ग्रावस्तुतः
सामवेदः             अद्गातृगणः         उद्गाता, प्रस्तोता, प्रतिहर्ता, सुब्रह्मण्यः
अथर्ववेदः          ब्रह्मगणः          ब्रह्मा, ब्राह्मणाच्छंसी, आग्नीधरः, पोता
 पत्नी यजमानश्चेति अष्टादश ।
16人のヴェーダの司祭 
4つそれぞれのヴェーダには、4人の司祭が必要。4人組でひとつのグループ(ガナ) となる。

ヤジュル・ヴェーダのグループは「ヤジュル・ガナ」。
メンバーはそれぞれ、
アッドヴァリユ、プラティプラスターナー、ネーシュター、ウンネター

リグ・ヴェーダのグループは「ホートゥル・ガナ」。

メンバーはそれぞれ、 
ホーター、マイットラーヴァルナ、アッチャーヴァカ、グラーヴァストゥタ


サーマ・ヴェーダのグループは「ウッガートゥル・ガナ」。
メンバーはそれぞれ、 
ウッガーター、プラストーター、プラティハルター、スッブラマンニャ

アタルヴァ・ヴェーダのグループは「ブランマ・ガナ」。
メンバーはそれぞれ、 
ブランマー、ブランマナーッチャムシー、アーグニーダラ、ポーター


これで16人、
そして、ヤジャマーナと、ヤジャマーナの妻、パットニー。
これで、コンプリートなのです。